うつ病で労災認定を受ける方法

うつ病とは〜症状と治し方〜 

うつとはこんな病気ですという内容、症状と治し方、うつの原因や医療機関のかかり方、社会復帰や家族の接し方などを説明するサイトです。

サイトマップ

仕事をしている場合 仕事を休職するか続けるか

仕事を休職するかしないかについてはそれぞれの立場や事情があると思いますが、症状が重い場合、仕事が忙しくて残業や徹夜が多い、上司とうまくいかないなど職場の人間関係がよくない、現在の部署の仕事が自分に合わないなど、ストレスの要因が職場にあるのなら、職場から離れてみるのがいいでしょう。



会社組織のなかで働くということは、どうしてもストレスが出てくるものです。

休職して治療したところで、職場に復帰したらまたぶり返すのではないか、職場がもとのままならまた具合が悪くなるのではないかという心配はあると思います。

でも、職場が変わらなくても、少しの間でも職場から離れるというのは意味があることです。

少し遠ざかるだけで気持ちはだいぶ変わるものです。

頭の中で、仕事に対する自分の姿勢だとか、周囲の人との付き合い方などをゆっくり整理することができますし、会社の外側から自分の会社での立場や環境などを考えることもできるでしょう。

場合によっては、悩んでいた人間関係のことも組織の中で働くなら合わない人がいるのも当たり前のことだと思えてくるかもしれません。

休職するか仕事を続けるかはたいていの場合医師からのアドバイスがあるのですが、回復していく過程で、仕事から離れる時間を持つというのは大切なことだと考えてください。

また、休職中は特に何もしないでのんびりすることです。

たとえば入院するとしたら一日中寝ていることになるので、それと同じだと考えればいいでしょう。

仕事のことを考えて復帰を焦ることや、仕事をしないで過ごすことに対して罪悪感を持つ必要はありません。

仕事を忘れてのんびり過ごしてください。

頭を働かせると疲れが出るので頭を使わず、特に予定も立てないで気ままに過ごしましょう。

好きなことをすればいいのですが、旅行などの遠出は元気になるまで待ったほうがいいかもしれません。

休職しないで、仕事を続けながら通院して治療にあたるときは、仕事の量や内容を見直すようにしてください。

周りの人に迷惑をかけることを気にする人が多いのですが、うつ病のことをオープンにしてサポートしてもらいましょう。

決して無理はしないで自分ができる範囲内で仕事をするように、そしてやはりつらくなったら休職することも考えて仕事にあたってください。

午後からの勤務にしてもらう、簡単なクライアントの担当にしてもらう、外回り勤務から内勤に変えてもらう、会議やプレゼンはしばらくの間は欠席させてもらう、長期にわたる仕事からは外してもらう、電話に出るのが苦痛であれば事務作業だけにしてもらう、違う部署へ異動させてもらうなど、内容はいくつかありますが、ペースを緩めて6、7割の力でできるように仕事を見直してください。

休職するにしても仕事を続けるにしても、周囲の理解とサポートは必要です。

上司や同僚に事情を話して助けてもらいましょう。

話しづらいときは産業医から説明してもらうといいでしょう。

うつ病は誰でもなる病気です。

流行の風邪にかかってしまうように、たまたま今回は自分がかかってしまったと考えてください。

周りの人にかける迷惑はお互い様です。

今回は助けてもらって、元気になったときには同じ状況になった誰かを助けてあげましょう。

うつ病で、障害年金2級を申請して500万円受給できた方法
はじめに
こころとからだが疲れていませんか?
うつ病を知るQ&A
うつ病の要因@ うつ病になりやすい性格がある
うつ病の要因A 日常の出来事や病気もきっかけになる
うつ病のメカニズム 脳の機能に障害が起きている
こころとからだの症状 憂うつで、よく眠れないことが多い
うつ病の分類 症状の重さで分類される
うつ病と似た病気 うつ病と区別しにくい病気がある
最近多いうつ病@ うつ病とはわかりにくいケース
最近多いうつ病A 治るのに時間がかかるうつ病
症例 からだの不調から気づいた
Q&A うつ病とうつ状態の違い
子どもとうつ病 子どもは気分の落ち込みを伝えられない
若い世代とうつ病 若い世代の発症が増えている
症例 治療をしてもなかなか治らなかった
中高年とうつ病 責任ある中高年にはサポートが必要
症例 昇進うつ病や妄想を伴うケースも
高齢者とうつ病 高齢者のうつ病は老化と間違えやすい
症例 もの忘れは、うつ病が原因だった
女性とうつ病 女性はホルモンの影響で発症することも
症例 子育ての不安から気分が不安定になった
働く人とうつ病 働く人は無理をしてうつ病になりがち
症例 取引先とのトラブルからうつ病に
Q&A 受診のすすめ方
相談機関と医療施設の種類 病院のほか保健所などでも相談できる
診療科の種類 受診先に迷ったら問い合わせを
病院選びのポイント 基本は自宅か会社の近くであること
病院と守秘義務 周りの人に知られずに受診したいとき
受診前の確認事項 受診前にどんな準備をすればいいか
初診の内容 問診では症状などを尋ねられる
医師との信頼関係 医師が信頼できないとき
医療制度の利用 保険や医療費のしくみを知っておこう
Q&A 薬の飲み方
治療の内容 治療の基本は休養と服薬
治療の期間 回復までの目安は半年から1年
仕事をしている場合 仕事を休職するか続けるか
主婦の場合 家事や育児はどうするか
抗うつ薬の効果 抗うつ薬は落ち込みをやわらげる
抗うつ薬の種類 新世代の抗うつ薬が使われている
服用中の注意点 薬の服用で気をつけたいこと
抗うつ剤の副作用 どんな副作用があらわれるのか
抗うつ薬への誤解 抗うつ薬はこわい薬ではない
向精神薬や漢方薬など 抗うつ薬以外の薬を使うこともある
精神療法の種類@ 精神療法(カウンセリング)はどう受けるか
精神療法の種類A カウンセリング以外の精神療法
入院治療の有効性 入院が必要なのはどんなときか
Q&A 有効な漢方薬・ハーブ
回復への過程 一進一退でも確実に回復へと向かう
服用の期間と量 薬は1年くらい飲み続ける
治療中の生活 大きな判断はせず、のんびりと
自殺の危険性 つらくなったら、すぐ相談を
休養の時期 いつまで休養を続けるか
復帰の時期 復帰を考えていいのはどの段階からか
社会復帰の前に 外出することにからだを慣らす
仕事の開始 様子を見ながら職場に復帰する
再発を防ぐ 再発しにくい生活スタイルに
再発と治療 再発のサインと対処のしかた
治療とライフスタイル 一人暮らしでうつ病を治すとき
Q&A 診断書について
発症に気づく 家族のうつ病に気づいたら
受診をすすめる 本人が受診したがらないときは
相談窓口を利用する 対応に困ったら相談窓口へ
休職・休学にあたって 会社や学校との相談のしかた
保障制度を利用する 休職・入院時に利用したい保障制度
治療を見守る 治療中はどのように向き合えばいいか
治療を支える 治療のサポートをしよう
控えたいこと 心理的に追いつめないようにしよう
サポートとライフスタイル 家族のかたちとサポートのしかた
自殺を防止する 自殺を防ぐために気をつけたいこと
家族の健康管理 家族の看病疲れを防ぐことも大切
同僚などとしての対応 同僚・上司・部下はどう接するか
友人としての対応 友人にこそできるサポートがある
再発予防のサポート 回復後に再発を防ぐには
2ヶ月間 うつ病克服プログラム(サポート有)
リンク集
・なかなか「うつ病」から抜けられないあなたへ!「うつ病」の悪循環から独力で脱出する新しい考え方!プチ認知療法
えっ?こんな簡単なことに気をつけるだけで、うつ病の家族がぐんぐん元気になるなんて!「うつ病の家族への対応マニュアル」
■傷病手当金・障害年金受給大辞典

いびき対策、防止に。1ヶ月で、いびきをかかない体質にする4ステップ
マネー



うつ病とは〜症状と治し方〜 All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。